更新情報・お知らせ

2012/09/10
宮古島の水を追加しました。NEW
2016/08/30
水素水の効能を追加しました。UP
2016/07/28
浄水器の注意点を追加しました。
2016/07/11
国内の色々な飲み水を追加しました。
2016/06/26
飲料水を予測する会.netを公開しました。

国内の色々な飲み水

飲み水といっても様々です。 以前、東京都江戸川区の都営住宅の改修工事をした時、喉が渇いて団地の一室で水をコップ一杯もらって飲んだ事があります。吐き出したいくらい不味くて、都営住宅の工事担当者に聞いたら「荒川放水路の水だからです」と言っていました。
荒川放水路とは、大雨で荒川が氾濫しない様に増水した時に、江戸川に流すための用水路で大雨の時だけ流れる川で、普段は、溜まり水状態で異臭を放っています。とても飲める代物ではありません。しかし、日本の浄化技術の素晴らしさを感じさせます。近い将来には都営住宅で頂いた時の水の異臭を取ることが出来ると思えるのですが、それから、仕事を定年して田舎暮らしをしている私の家の水は45m下から汲み上げた美味しい井戸水を飲んでいます。
18年使ったその井戸ポンプが先日壊れてしまい町の水道水に切り替えました。街の水も地下水を汲み上げた水ですが、水道管に送水する前にカルキ(塩素)を入れているらしく、自家製の井戸水の方が美味しかったようです。東京都江戸川区の水に比べたら文句なんか言えません。水が変わって一番味が変わる飲み物はコーヒーです。私のコーヒーを入れる腕が良い為か街の水道水でも美味しいです。

飲み水をこだわる時代に

以前は安全に水が飲めるだけありがたかった時代が日本にもあったと思います。世界には未だに安全な飲み水が確保できないところも多いという現実もあるのでこの日本で何不自由なく飲めるのは今もありがたいと感じないといけないかもしれません。水道水が当たり前になって、それだけでは満足しないでさらに美味しい水を求めるようになったのがバブルの頃以降かと思います。
ボトル入りにミネラルウォーターがスーパーやコンビニにも登場してそれまで水はただだったことを考えると売れるのだろうかと感じた人も多かったと思います。しかしその心配もなく現在までミネラルウォーターは販売し続けていて生活にも定着している感じがします。
ボトルのミネラルウォーターだけでなく、水道水そのものの質のレベルも上がってきて、以前の水道水とは比べ物にならないぐらいにおいしくなっています。それだけ飲み水にこだわるようになって各水道局もレベルを上げていて技術を海外に提供していくことにも力を入れているようです。
ウォーターサーバーなどの水のサービスも充実してきて一般家庭でも利用している人も増えてきています。
ウォーターサーバーを比較するだけでも面白い!
アクアクララなどCMが評判のウォーターサーバーは勿論、それ以上に扱っている天然水やRO水の数に驚かされます。水が豊富な日本だからこそ現在、飲み水にこだわるような時代になったといえると言えるでしょうね。